雲のやすらぎプレミアムの敷きパッドは寿命が減る行為!

フローリングは直置きでカビの原因に…!

フローリングは直置きをすることで、健康にも悪い影響を与えるカビの原因につながります。人間が眠る際には水蒸気の汗が出ますから、それにより湿気るのも原因です。敷きパッドの上と下面には温度差が生じますので、ささやかでも結露が生じて湿気ることになります。湿気が多くて通気性も良いとは言えませんので、多湿の環境が整えられるので雑菌が繁殖をする仕組みです。気温の上がる夏の時期に多く感じますが、冬は暖房で暖かいので油断はできません。

敷きパッドでも水分が残って湿気がひどい

ベッドシーツの上に直接敷くアイテムの敷きパッドですが、水分が残って湿気がひどいことで寝心地の良さも半減です。快眠を得るために使うのに、寝ている際の最適な湿度調節ができなければ、良い睡眠を得ることは出来ません。一枚敷くだけで心地よい眠りをもたらすはずが、へたるようでは本来の役割を発揮しきれないままです。朝目覚めた際に下面が湿っていたり、結露で濡れていたりすると、朝から快適に過ごせませんが、それをカバーできないのは困ります。

直置きはせず敷きパッドやすのこベッドが◎

フローリングに直置きはしないで、湿気の問題を解決するためにも、通気性をよくするためにすのこを敷くことです。結露は溜まった湿気が招きますので、間に隙間を設けて床下との距離を離すようにします。すのこベッドは優秀なアイテムであり、敷きパッドとの組み合わせで熱や湿気の通り道を作りますし、結露やカビ予防にも有効です。心地良い肌触りがあり、寝心地を左右する湿度調整をしてくれます。汗の吸収と発散で湿度調整もできるので、快適な睡眠に導くアイテムです。

使い方・お手入れ次第で10年先も愛用可能

敷きパッドは正しい使い方をするのと共に、適切なお手入れをすることで、10年先も愛用可能です。評価の高い雲のやすらぎプレミアムの敷きパッドは、愛用者のブログをチェックして管理方法を知ることもできます。直接肌に触れるように寝ているなら、1週間から2週間に1回は選択をすることです。パッドの上にシーツを装着して使っているなら、選択は2ヵ月から3ヵ月に1回でも構いません。寝汗の量は年間で大きな違いはないとしても、使用環境なども考慮して洗濯をすることです。

クリーニングに出せばもっと長持ち!

雲のやすらぎプレミアムの敷きパッドの寿命を長くのばすなら、定期的に太陽の下へ出して、天日干しをするのが良い方法になります。毎日睡眠時の発汗を吸収してくれるので、たっぷりの湿気がこもりがちです。もっと良いのはクリーニングへ出すことであり、より良い状態で長持ちをさせることができます。自宅での洗濯とは異なり、プロは専用の洗剤やマシンでしっかりキレイにしますし、満足のいく清潔な状態に仕上げることが可能です。